結婚したいけど結婚相談所ってどうなの?性格3タイプ別選択ポイント

2017年09月26日 結婚したい

konkatsu24

結婚したいけれど「結婚相談所ってどうなの?」自然な出会いにも期待しつつ、性格によって結婚相談所の使い方を工夫すれば、一番の近道です。
ここでは、まず結婚相談所の種類や料金の考え方などの、基本情報をお伝えします。そしてあなたの性格に合った出会いの方法の見つけ方と、性格別のかしこい使い方について紹介します。

やっぱり自然な出会いが一番!婚活しても常にアンテナを

結婚したいと思った時に、身近に出会いがない。そんな時に婚活を考えるはずです。しかし心の中ではやっぱり『自然な出会いの方がいい』という気持ちはありませんか?自然な出会いとは、友だちや職場、親や親類の紹介や、趣味の集まりや習い事、仕事上の人間関係などから生まれる出会いのことです。
ところが婚活を始めると急に出会いが増えますから、自然な出会いへの期待が消えていってしまいがちです。あなたの目的は出会いを増やすことでなく、結婚して幸せになることのはず。「婚活してみたら周りの男性がよく見えてきた!」ということもあるので、婚活しても常に自然な出会いにもアンテナを立てておきましょう。

お金も時間も、自然な出会いから結婚する方が結婚相談所よりかかっている

結婚相談所のデメリットとして、お金がかかることがよく挙げられます。ところが調査をしてみると、自然に出会って結婚する方が、時間もお金もかかっているという結果が出ています。
私が講師を務める婚活セミナーでは、いつも毎月のデート代をアラフォーの女性たちに聴いています。すると一番多い答えが、交通費、洋服、手土産などなどで「2万円くらい」、年に24万円です。
そして「出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3年」というデータが出ています(※)。24万円×4.3年=103.2万円です。
一方、結婚相談所で1年で成婚退会した時には、当社実績も業界平均も50万円程度です。
よって一概に高いとは言えません。いずれにしても、結婚するにはお金がかかるということは覚えておきましょう。

結婚情報サービスが結婚相談所と名乗り始めている

婚活をしている女性たちに話を聴くと、「結婚情報サービスという言葉を知らない」という方が増えました。理由は定かではありませんが、結婚情報サービスが結婚相談所と名乗り始めたからです。そして婚活サイト(ネット婚活)のことを結婚情報サービスと呼ぶようになってきています。サービス内容がまったく違うので、はじめにわかりにくい結婚情報サービスと結婚相談所の違いを簡単に整理しておきます。

  1. 結婚情報サービスは毎月の紹介人数が決まっています。結婚相談所は決めていないところが多いですが、会員自ら検索して申し込みもできます(婚活サイトのようなイメージです)。
  2. 結婚情報サービスはマッチングして連絡先の伝達までがサービスで、結婚相談所はマッチングからお見合いの取り次ぎ、交際中やプロポーズまでの相談がサービスです。
  3. 結婚情報サービスは入会金が多く成婚料がありません。結婚相談所は入会金が控えめで、成婚した時に成果報酬として成婚料がかかります。

 

このようにかなり違うのですが、最近では結婚情報サービスがオプション料金で結婚相談所のサービスを採り入れ始めています。

※上記は一般的な例です。サービス提供会社や仲人によって、違いがありますので、不要なトラブルを招かないためにも利用前に調査検討しましょう。

参考:結婚情報サービスと結婚相談所の例

以下に有名どころの結婚情報サービスと結婚相談所の例を挙げておきます。これを参考にしていただければ、区別がつきやすくなります。

①結婚情報サービス

最近では「大手結婚相談所」と言われることが多くなりました。テレビのコマーシャル、雑誌や電車の中吊りの広告などでよく見かけるところです。

□株式会社パートナーエージェント
http://www.p-a.jp/
□IBJメンバーズ(株式会社IBJ)
https://www.loungemembers.com/
□ゼクシィ縁結びカウンター(株式会社リクルートゼクシィなび)
https://zexy-en-soudan.net/
□楽天オーネット(株式会社オーネット)
https://onet.rakuten.co.jp/
□株式会社ツヴァイ
http://www.zwei.com/
□サンマリエ(ハピライズ株式会社)
https://www.sunmarie.com/
□NOZZE(ノッツェ、株式会社 結婚情報センター)
http://www.nozze.com/

②結婚相談所の連盟

結婚相談所の連盟とは、全国各地の結婚相談所が加盟して、会員同士のマッチングを可能にしている団体です。個人の結婚相談所内だけでは出会いが少ないので、多くの場合どちらかまたは複数に加盟しています。

□日本仲人協会
http://www.omiaink.com/
□良縁ネット
https://www.yoi-en.com/
□株式会社 日本仲人連盟(NNR)
http://www.nakodo.co.jp/
□一般社団法人日本結婚相談協会(JBA)
http://www.jba-e.com/
□株式会社IBJ
http://www.ibjapan.jp/
□株式会社日本ブライダル連盟(BIU)
http://www.biu.jp/

結婚したいけど結婚相談所ってどうなの?性格別選択ポイント

①「親身になってくれる人の人柄が大切」

さてここからは、あなたの性格にあった出会いの方法と、結婚相談所のかしこい使い方について紹介します。
あなたが結婚したいと思った時、もし結婚相手や協力してくれる方々を「人柄」を基準に選択をする傾向が強い場合。あなたには信頼できる方からの紹介や、趣味サークルや習い事など、うちとけた人間関係からの広がりに期待することをオススメします。他人との衝突を嫌うあなたには、和やかな雰囲気が良縁を招きます。
「確かにその方がイイけれど、そうは言っても出会いがない」という場合は、仲人さんの人柄と親身なお世話を基準に結婚相談所を探してみてください。気兼ねなくなんでも相談をしながら出会いや恋愛を進められる環境を手に入れましょう。

②「とにかく幸せな結婚をするためなら動く」

あなたが結婚したいと思った時、『ほしい結果はハッキリしているので、あとはやり方だけ』と考える傾向が強い場合。あなたには共通のゴールが決まっている合コンや婚活イベントなど、あまり手の込んだ演出がない出会いの場をオススメします。邪魔が入らずシンプルであるほど、自分の能力を発揮できるでしょう。
ただそのような場には「結婚したい」と口では言っていても、とりあえず彼女がほしい「そのうち男子」が多く紛れ込んでいます。その結果、やってみたけれど「イイ人がいない」「イイ人には好かれない」「長続きしない」という場合もあります。
そんな時には、結婚の意志が硬い「今スグ男子」が集まる結婚相談所の検索システムを利用することをオススメします。自分で計画を立てて、仲人さんにはあまり口出ししてもらわずたんたんとお見合いの取り次ぎをしてもらう。このような、あなたの強みを活かせる環境を手に入れましょう。

③「なにごとも行動してみないとわからない」

あなたが結婚したいと思った時、『とにかく会ってみないとわからないから、まずやってみよう』という傾向が強い場合。そのフットワークの良さを活かして、あなたのお気に入りの店や雰囲気のいいレストランやバー、ハイステータスなパーティなど、気分が良くなる場にどんどん出ていきましょう。1人でも友だちを誘ってもOKです。あなたを演出してくれる雰囲気が後押しとなって、あなたもあなたのことが気になる男性も、積極性がアップするでしょう。
でも家と職場の行き帰りで毎日が過ぎていっているようなら、先生と呼べる人格者や尊敬できる方が主宰する結婚相談所の利用をオススメします。忙しくても合理的なシステムを活用しつつ、信頼する先生のアドバイスに素直に従える環境があれば、短期での結婚を目指せます。

まとめ

『結婚したいけど結婚相談所ってどうなの?』と迷った時には、今回のお話を参考に、あなたの性格に合わせて出会いを求めてみてください。

  1. 婚活をしても、自然な出会いにも常に期待をしていましょう
  2. 自然な出会いの方が結婚相談所よりお金も時間もかかっている
  3. 結婚情報サービスが結婚相談所が混ざっているので違いを知ろう
  4. 「親身になってくれる人の人柄が大切」ならお世話重視の婚活を
  5. 「とにかく結婚」ならアドバイスは必要最低限の環境づくりを
  6. 「やってみないとわからない」なら尊敬できる先生のもとで

 

「自分ではよくわからない」「自信がない」「時間がない」という場合は、婚活セミナーで一度整理してから出会いを求めてみては?

 

具体的な出会い方選び方については、
「結婚したい!相手がいない…3ヶ月で結婚前提の彼と出会う3ステップ」で詳しく説明しています。

 

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP