『仕事を辞めたいから結婚したい』時の幸せになれるたった1つの質問

2017年09月26日 結婚したい

shigoto-nayami

『仕事を辞めたいから結婚したい』と、あなたも一度は考えたことがあるのでは?

 

実はここには2つの問題が混ざっています。

 

今回はそう思った時に幸せになれるたった1つの質問を紹介します。

 

あなたの中の仕事と結婚の関係をキチンと整理すれば、後ろめたさを感じることなく自分らしい生き方の選択ができることでしょう。

仕事を辞めたい原因は「辛い」「つまらない」「辞めたら不安」

『仕事を辞めたいから結婚したい』

 

と思う時、まず仕事辞めたいと思う原因があります。

 

よくあるのが、

①職場の人間関係が疲れる

②給与が低い

③なのに残業が多くプライベートがない。

 

「辛い」「つまらない」という不満です。

 

そして解決の糸口が見つからないと

 

『仕事を続けられる自信がない』

 

と思ってしまいます。

 

その時さらにパートナー候補がいないと、

 

『一生独身は不安』

 

ということで仕事と結婚が結びついていることが多いです。

 

そこでよくある解決策としてあるのが、仕事を辞めて結婚した時のメリット・デメリットで考える、という方法です。

 

ただこの方法だと、理屈は通っていても上手く解決している人は少なく、出会いの機会を失っていることが多いのです。

『仕事を辞めたいから結婚したい』がメリットデメリットで解決しない理由

①気持ちが納得しない

『仕事を辞めたいから結婚したい』

 

をメリットデメリットで考えて上手くいっていない原因のひとつは、モチベーション・プロセスに逆らっているので気持ちが納得しないことです。

 

モチベーション・プロセスとは、

 

『○○したい』から『無意識にしてしまっている』

 

過程のことで、無意識であるほどストレスがありません。

 

たとえば仕事を辞めたい場合、1人の収入で2人を支えるわけですから現状より金銭的に厳しくなります。

 

更に一度退職すると復職も難しいという現状があります。

 

つまり

 

「結婚したら幸せになっている」

 

とは矛盾しているのです。

 

また結婚して子供ができたら休職して、子育ての手が離れたら復職した方が、金銭的にもメリットが大きい、という主張もあります。

 

これは理屈は通っていますが、現状の

 

『仕事を辞めたい』

 

気持ちや職場環境が改善されるわけではありません。

よって気持ちの問題を無視することはできません。

 

また気持ちは性格によって左右されることが多いです。

性格別の特徴については、
「結婚したいけど結婚相談所ってどうなの?性格3タイプ別選択ポイント」で詳しく説明しています。

②どこまで考えてもリスクはなくならない

『仕事を辞めたいから結婚したい』

 

をメリットデメリットで考えて上手くいっていない原因の2番目は、どこまで考えてもリスクはなくならないことです。

 

給与を支払うかどうかはお勤め先が決めることで、あなたも将来の結婚相手も決められません。

 

またあなたが休職したいと要望した時、それを決めるのも会社、というところがまだまだ多いです。

 

『結婚したら仕事やめたい』とタイミングを見計らっても、あなたも将来の結婚相手も雇われている以上、リスクの保証はありません。

 

仮に金銭面や復職が保証されていても、家事育児にあなたがどれだけ生き甲斐を感じるかで、幸福度はまったく変わります。

 

そしていまの時点では、仮に結婚に逃げるとしても、結婚できるか結婚できないかもわからないのです。

 

よってデメリットやリスクは必ず残るので引き受ける、という姿勢が大切です。

③男性が結婚したいと思わない

『仕事を辞めたいから結婚したい』

 

をメリットデメリットで考えて上手くいっていない原因の最後は、そのように考えている女性と、男性は結婚したいと思わないからです。

 

女性は結婚に安心感や安らぎや自由を求めるようです。

 

あなたはどうですか?

 

一方で男性は、結婚をすることで責任を負うと考えがちです。

 

家族を一生養い続ける責任です。

 

だからこそ定年まで働き続けることができます。

 

働き続けることができるもうひとつの大切な要素は、家族の支えです。

 

『仕事を辞めたいから結婚したい』という女性に家族を任せられると思うか?と考えるとどうでしょう?

 

彼のモチベーション・プロセスに逆らっているので

 

『家族を守るのが当たり前の生き甲斐』とはなりません。

 

『仕事の他にもうひとつ重い荷物が増える』と思ってしまうのが自然ではないでしょうか?

 

よって男性に受け入れてもらえる考え方をしている女性であることが大切です。

 

 

男性の結婚の条件については、
「結婚したい職業」に見る、男性が女性に求めている3つの結婚の条件」も参考にしてください。

たった1つの質問「もしそうなったらどんな感じだろう?」

このように『仕事を辞めたいから結婚したい』は、ダイエット中に「今日は頑張ったんで自分へのご褒美♪」と甘いものを食べてしまう時の言い訳に似ています。

 

理屈が通っていそうですが、よく考えると解決にはなっていません。

(社会心理学用語では、「認知的不協和」と言います)

 

そこでおすすめしたいのが、

 

『仕事を辞めたい』『結婚したい』

 

別々に、1つずつ捉えることです。

 

次にその捉え方ですが、

 

たった1つの質問

 

『もしそうなったらどんな感じだろう?』

 

でイメージします。

 

自分は本当は、何に喜びを感じるのか?

 

で選択した時にはじめて、仕事も結婚もスッキリします。

男性は「自分を大切にする女性」を、同じように大切にする

『いまの仕事は嫌だけど、他に行ってみたらどうだろう?』

 

『仕事の他にしたいことをしたらどんな感じだろう?』

 

『仕事にさほど喜びは感じないけれど、家族を持つことには喜びを感じるかな?』

 

感じ方は、人それぞれ違います。

 

そのワークライフバランスで就活(転職)なのか婚活なのか、専業主婦を目指すのか共働き(兼業)を目指すのかを決めると、自分らしい生き方の選択になっていきます。

 

なによりあなた自身が人生を楽しみ始められるのではないでしょうか?

 

またそんな自分を大切にしている女性を、男性は同じように大切に扱ってくれます。

 

「婚活パーティーの自己紹介で『また話したい女性』になる」を参考にしてください。

『仕事を辞めたい』『結婚したい』は感情の問題

『仕事を辞めたい』

 

『結婚したい』

 

は感情の問題です。

 

感情をメリットデメリットや正解不正解、良い悪いで考えるのにははじめから無理があります。

 

でも私たちは小さな頃からモチベーション・プロセスを無視して、『間違えなければ痛い目に遭わない』というモノサシですべてを図るように育てられてきています。

 

だから時々『仕事を辞めたいから結婚したい』と思ったり、「メリットデメリット」のようなイージーな情報を信じたくなってしまいます。しかもその結果、ストレスを抱え続けています。

 

もしあなたがいま悩んでいるなら、

 

あなたは何に喜びを感じるのか?

 

仕事なのか家族なのか他のものなのか?

 

を探してみてください。

 

そして『もしそうなったらどんな感じだろう?』

 

だけをイメージしてください。

 

幸せをより大きく感じる方を選択してけば、あなたの好きな生き方ができます。

 

そんなあなたなら、あなたを守りたいと思い、安心感を与えてくれる男性の目に留まるはずです。

 

そうなれば一緒に幸せを叶えられるでしょう。

 

仕事についての考えが整理できて、

 

『やっぱり結婚したい』と思った時。

 

『でも相手がいない・・・』という場合は、3ヶ月で結婚前提の彼と出会うステップを試してみてください。

 

「結婚したい!相手がいない…3ヶ月で結婚前提の彼と出会う3ステップ」はこちら。

 

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP