婚活やめたら結婚できた?1つの気付きが頑張らないで幸せを叶える

2018年04月13日 婚活の基礎知識

konkatsuyameta1_01

「婚活をやめたら結婚できました」という声を聞きます。

これは婚活で失われてしまった自分らしさを取り戻した人に起きています。

一生1人では寂しいから結婚したい、と婚活を始める女性が多いです。

そして寂しさの裏側には必ず、安心感や豊かさなど、理想の自分への憧れがあります。

その結婚したい本当の理由に気付くと、頑張りたくなって結婚してしまいます。

 

ここでは、なぜ婚活をやめたら結婚できたのか?

また、婚活を頑張っても結婚できない時のパターンは?

などについて説明します。

その共通点から、結婚して幸せになった女性たちの、たった1つの気付きをお伝えします。

あなたが婚活疲れを起こしていても、結婚へと向かい始めることでしょう。

婚活を頑張ってもやめても原因はわからない

「婚活をやめたいのですが」このご相談も、私のもとに日々寄せられています。

合コンや社会人サークルにはじまり、ネット婚活、婚活パーティー、結婚相談所。

お話しをお聴きするとみなさん、自分なりに頑張っていらっしゃるので一見問題は無さそうですが、なかなか恋愛や結婚につながらないようです。

 

また婚活疲れを起こしてしまって、

「好きなことをしようと通い出した料理教室で出会い結婚」

「女子会を解禁し気楽な合コンに誘われ出会って結婚」

そのような話を聞いてマネをしても、幸せへの情熱が湧かず、結婚できない女性もいらっしゃいます。

そして自分や出会う男性を責めてしまい、いつの間にか結婚したいという気持ちを疑ってしまうようです。

婚活方法よりも結婚したい気持ちがどうなっているか?

なぜ結婚に至らないのか?の原因がわからないまま婚活をやめたり結婚を諦めたりするのは、もったいないです。

婚活を頑張っているのにうまくいかない、頑張ろうという気持ちになかなかなれない。

そのような時は、結婚や幸せへの情熱を改めて感じることで、早く上手に結婚へと方向転換できます。

 

安心感や豊かさに包まれた結婚生活をおくっている自分に、どのくらい憧れていますか?

『寂しいから結婚したい』で感情が止まっていては、なかなかたどり着けません。

憧れが強いほど、頑張ることが辛いことではなく、頑張りたいことになります。

 

婚活に行き詰まりを感じたら、安心したいのか不安がイヤのか、感情のスタートラインからチェックを始めましょう。

頑張らないから結婚できたわけではなかった

婚活がうまくいかない時に、「頑張るのをやめなさい」というアドバイスがよくあります。

好きなことでイキイキしているあなたでいる方が大切だからです。

でもありのままの自分で男性を動かすのは、かなり至難のワザです。

 

また婚活を頑張りすぎて前のめりになりがちな時に、「頑張っていると思わせないように」というアドバイスもよくあります。

頑張りが男性ではなく自分の結婚に向けられているようで、彼にとって重いからです。

でもガツガツ感を見せないことと、男性が積極的になることは別の話です。

 

つまり、頑張らないからや、ガツガツ感を見せないというやり方では、結婚はできません。結婚したい気持ちや『幸せへの情熱』とは何の関係もないからです。

「頑張らないで結婚できました」の真実

それでも

「婚活をやめたら結婚できました」

「頑張らないようにしたら結婚できました」

という女性もいます。

 

「結婚相談所をやめたら同僚からアプローチされて結婚しました」

「婚活パーティーに行きまくるのをやめたら、ポツンと結婚相談所を通じて申し込みがあり結婚しました」

「婚活の相談をしていた彼の優しさや包容力に気づいて結婚を決めました」

 

このような女性たちは、途中から「頑張らない」のではなくて「頑張ることの意味が違う」ことに気付きました。

頑張ると言うと、辛いことに取り組むイメージです。

でも男性の優しさに気付いたり触れたりした時に、思い通りに行かないことも多い中でも、辛さをあまり感じずに頑張ってしまったのです。

頑張りたいから頑張ってしまった

男性の優しさや包容力に触れることができた女性は、幸せになりたくて婚活を始めたことに改めて気付きます。

幸せとは、女性の場合は安心感や豊かさや自由でいること、という方が多いです。

それが男性とのコミュニケーションの中で手に届くところにあると実感できると、心から欲しい、という情熱が生まれます。

小さな幸せへの情熱から始まった、小さな幸せ集めの結果が結婚です。

 

その時、頑張ることを辛いことだとは感じていません。

価値観の違いや親との折り合いなど、思い通りにいかないことがあっても、2人で乗り越えてしまいます。

婚活をやめたやめない、頑張るとか頑張らないとか頑張り方とかでもなく、2人の幸せへの情熱が育つと結婚します。

婚活が落とした影から心を取り戻す

婚活で、男性のスペックや減点法で観ている時は、恋愛という意味では心が動いていません。

ただ見た目や年収や職業に心が動くこともありますよね。

でもそれ自体は幸せではなく、『こんな彼と結婚できたらイイな』と一時的にテンションが上がっている状態です。

幸せへの情熱、モチベーションとは違います。

 

その結果、頑張っているのに出会えなかったり残念な出会いが続いたりすると、テンションが下がり婚活疲れを起こします。

婚活は一見、効率的で早く結婚できそうですが、心を無視しがちなシステムでもあります。

結婚がほしいのではなく安心や豊かさがほしいなら、婚活をやめるやめない、頑張る頑張らないの前に、心を取り戻すことが先になります。

結婚を求めずにはいられない情熱が育つ時

婚活で結婚した女性たちに100%共通していたのは、求め続けずにはいられない幸せへの情熱があったことです。

情熱は、いつどんな時に自分が幸せを感じるか?がわかった時に湧いてきます。

 

男性とのコミュニケーションの中で、どんな時に楽しいか、嬉しいか、面白いか、カッコいい、頼もしいと思うか?

それを感じることが、幸せへの情熱に気付き育てます。

 

反対につまらなかった、ガッカリした、疲れたなどという情報は、足を引っ張るだけです。

でもそう感じてしまうことの方が多いでしょう。

ただ、ネガティブなことにその後も執着するかどうかは、自分次第です。

足を引っ張られている自分に気付いたらまた、小さな幸せ探しにフォーカスし直すだけです。

幸せ探しを頑張れば、スペックは後からついてくる

結婚相手に相応しいかの確認の前に、男性とのコミュニケーションの中でどれだけ小さな幸せを味わえる自分になるか?

これだけに集中していると、結婚は必然になります。

 

婚活をやめたくなる時は必ず、行動することを考えた時に『イヤだな』となっています。

反対に結婚まで情熱を持って頑張り続けてしまう自分になるには、男性との間で小さな幸せを感じ続けるしか方法はありません。

 

このことはふつう、結婚前提の彼が現れて、優しさに触れた時に初めて気付きます。

でも婚活の初めからスペックの答え合わせではなく幸せ探しをしていれば、一番大切にしてくれる男性が自然に残ります。

 

安心できる男性のスペックも、彼の人柄を観て思いやりを感じられればこそ、後からついてきます。

 

 

ps.

特にアラフォー婚活女性は、時間に追われて焦りがちになり、本当の自分の気持ちを見失いがちです。

そのように感じた時は、こちらの記事を参考にして下さい。

落ち着きを取り戻して、また幸せに向かえるようになります。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP