婚活パーティーは服装が7割!男性目線からの女性のモテ服3ポイント

hukuerabi

婚活パーティーの服装は、ワンピースやピンクが定番と言われます。

 

ただ実際に着る女性は少ないし男性もそんなに単純ではありません。

 

そこで女性が婚活パーティーでモテる、男性による男性目線の服装選びのポイントを画像で解説します。

 

ブランドやNG服との比較も紹介するので、すぐに試せばカップリング率がアップするでしょう。

婚活パーティーの服装は何を選べば?どれがモテる?他の女性は?

『何を選べば良いかわからない』

『どんな服が男性ウケするの?』

『周りの他の女性はどんな服を着てくるの?』

 

婚活パーティーの目的は、できるだけたくさんの男性からの指名と、その中に『イイな』と思う男性がいることですよね。

 

そのためには第一印象で、あなたが周りの女性と『なんか違う』という存在になるのが先決です。

 

でもあなたは内心、違うことよりも『私のことをわかってほしい』という思いの方が強いかも知れません。ここがはじめの男女のすれ違いになっています。

 

男性は、見た目の好みで女性に興味を持った後に、内面を知りたくなります。女性が男性の年収や職業などの安定要素に目が行きがちなのと同じ感覚です。

 

よって気持ちをわかってくれるパートナーがほしい場合は、まず見た目から入ると早く叶えてもらえる彼の目に止まります。

 

次に、女性の間で『カワイイ』『クール(ビューティ)』という服装と、男性が思わず声をかけたくなる服装は違います。

 

モテるという面では、男性による男性のための服装という視点を採り入れた方が、特別扱いしてもらいやすいです。

 

これは性格を変えるより簡単ですし、やったもの勝ちなところがあります。

それでは男性による男性目線の婚活パーティーの服装選び、3つのポイントを見ていきましょう。

 

婚活パーティーでの服装選び1

ワンピースやピンクよりも、50m先から女性らしさが伝わること

ワンピースやピンクという定番をとり入れても、着こなしを間違えてしまうと、とてももったいないです。彼が思わず声をかけたくなる一番はじめのポイントは、男性が着ないものを着ることです。

 

 

男女は磁石のSとNのように、自分が持っていないもの、反対のものを相手に求めて惹き合います。

①しなやか・柔らかい印象を与えるもの

男性がよく着るものには、パンツ、原色、寒色系など、強い・硬い印象を与えるものが多いですよね。

 

これが女性のNG服になりがちです。

 

一方、男性がぜんぜん、あまり、ほとんど着ないものには、スカート、パステルカラー、暖色系など、しなやか・柔らかい印象を与えるものが多いですよね。

 

これがモテ服になります。

NG服の例
モテ服の例

②シルエットで差がついている

次に男性の体型で理想的なのは、逆三角形ですよね。

 

つまり肩幅や胸ががっしりしています。これを女性のNG服で考えれば、肩からヒップまで差がないファッションです。

 

ワンピースを着ても、体型を隠すようなシルエットになっていると、男性の心は動きません。

 

一方モテ服は、

 

「バスト > ウェスト < ヒップ」

 

と、差がハッキリしているファッションです。

 

目安としては、50m先からシルエットでハッキリしていることです。

 

具体的には、シャツ・ブラウスをインする。またはベルト、スカートにフレアを持ってくるなど。

 

NG服の例
モテ服の例

③体型についてよくある勘違い

よくある勘違いは、「痩せていると得」で「太っていると損」という考え方です。

 

健康を害するほどの肥満は問題ですが、男性の好みは千差万別です。

 

また女性の『太っている』は、男性の間では『どこが?』ということのほうが多いです。

 

男性は痩せている太っているよりも、自分の好みの体型の中で、くびれがわかる女性の方に50m先から目と心が奪われがちなのです。

 

ファッション好きな男性でない限り、女性の細部へのこだわりは伝わりません。それよりも、シルエットで魅せるというところからはじめてみてください。

 

これだけでも、いままでよりも女性を大切に扱える男性たちからの好意を多く感じられることでしょう。

婚活パーティーでの服装選び2

見た目年齢マイナス5歳を目指そう。究極は清楚な○○○服

実際に会っている時は、男性脳では実年齢よりも見た目年齢が優先されます。

 

ファッション好きな女性から見るといっけん野暮ったく、ファッションに興味を持ってこなかった女性から見ると攻めすぎ。

 

普段のあなたがどちら寄りかでこのくらいの感覚で狙うと、男性は行動を起こしはじめます。

 

ファッションでいえば、究極は「清楚なキャバ服」です。

 

こう言うと反感を覚える方もいらっしゃると思います。

 

異性から好かれる人は、本能的に同性から嫌われる傾向にあるからです。

 

TPOによって、相手との関係性や、自分のお気に入りの服を楽しむ時などで変えるはアリなのでは?

 

ここでは30代半ばからアラフォーで、年齢相応に見られがちな女性を想定して、NG服とモテ服を紹介します。

 

 

NG服1.夢見る夢子服
NG服2.おばちゃん服
モテ服1.品+セクシー
モテ服2.品+キュート

婚活パーティーでの服装ポイント3

「正しく出す」が「遊び相手」か「大切な人」の分かれ道

「モテ」は「媚び」とは違います。露出が多ければ男性の目を惹きますが、長続きするかというと別の話です。

 

反対に体型に自信がないからとカバーするような服装だと、スキがないと見られたり、女性と認識されにくかったりします。

 

そうなると男性はアプローチしにくいです。

 

「正しく出す」ことが、男性があなたに行動を起こすかどうかの違いを生んでいます。

 

 

NG服
胸や太ももを露出する「色気」や「いやらしい」の方に触れすぎると、恋愛・遊びの対象で終わりがちです。
モテ服
首、手首、足首+クビれの3+1つのクビを出す品を持たせると、男性に『大切に扱わないと』という気持ちが働きます。
またセクシーまたはキュート、どちらかの路線でまとめると、『ずっと守りたい』対象として見られます。

なぜ女性誌を参考にするとモテないのか?

ここまで男性目線からのモテ服ポイントを見てきました。

 

そろそろ教科書が欲しくなっているかも知れません。

 

そこでよくやってしまいがちなのが、女性ファッション誌を買ってくることです。

 

私は男性との関係で考えた時は、女性ファッション誌を参考にすることはおすすめしていません。

 

理由は2つ。

 

ひとつは、女性による女性に服を売るための宣伝広告であること。

 

もうひとつは、男性から見ると『美しすぎ』『クールすぎ』で、眺めて満足な対象で終わってしまうからです。

 

女性ファッション誌を参考にするのは、女性同士で楽しむ時や、出会いのステージが終わってからなど、TPOによって楽しみ方を変えることをおすすめします。

 

参考にしたいのは、あなたの理想のパートナー像の層をターゲットにしている、男性誌やWEBサイトです。

 

そこに写っている女性のファッションを参考にしましょう。ここには男性目線からの理想の女性像が満載です。

 

※『探し方がわからない』『自分への応用がわからない』そんな時は、男性が主催の女性のためのファッション講座が参考になります。
例:理想の彼が思わずプロポーズしたくなる♪愛されモテ服講座

お金をかけるよりも、ひと手間かけるだけで魅力的に

最後に、服装にかけるお金のお話しです。

 

男性は正直なところ、あなたを『なんとなく』見ています。

 

素材の質やこだわりまではわかりません。

 

なのではじめは、高いものを買うよりも1シーズンで処分する感覚で、いろいろ試してみてください。

 

長く着回すより「1点買いを2~3点」がポイントです。

 

その分「丈感」「フィット感」を大事にすることをおすすめします。

 

つまり買ったままを着るのではなく、お直しに出して合わせる、というひと手間をかけてみてください。

 

いまは自分でお裁縫をしなくても、袖丈やスカート丈なら3000円くらいで2週間程度で仕上げてくれます。

 

ダイエットよりも簡単にすぐ、ステキなシルエットを演出できます。その後はぜひ、男性たちのあなたに対するコミュニケーションの変化を楽しんでください。

 

 

簡単にファッションのリフォームをしてくれるサービス

お気に入りの服よりも、男性からの「似合ってるね!」が自信に

婚活パーティーでの服装は、『どう彼をその気にさせるのか?』がポイントになっています。

 

手を抜けば手を抜かれるし、ズレていればズレた反応が返ってきます。理想の自分にふさわしく、しかも男性のストライクゾーンの服装なら、「わかる男性」が現れればがんばってくれます。

 

ファッション講座を開催すると、「女子ばっかりがんばって、男性はぜんぜん気にしてないじゃない」という声も多く寄せられます。

 

でも下を見るのではなく、上を向いてチャレンジした女性たちが、いち早く結婚していかれています。

 

また婚活パーティーのためだけの服装ではもったいないです。ぜひお見合いなどの他の出会いの場や、デートや職場のイベントなどへの応用も工夫してみてください。

 

お気に入りの服を着るよりも、男性から褒められる方が気分がアガる!という体験を、まずしてみてください。

 

これが結婚への一番の近道です。

 

 

 

 

男女の違いがわかればコミュニケーションが変わります

communication01
Yさん(女性)
「男性と女性の「好き」の違いがとても驚きました。
まだ頭がついていけてませんので、これからじっくり実践していきたいと思います」

Kさん(女性)
「女性が好きになるプロセスを聞いて、『気にならなかった』ということに気付きました。
いつかは好きになるかもと思ってましたが、時間の無駄でした。
まずは気になる人をみつけたいです」

Fさん(女性)
「元ホステスさんの本を何冊か読みセミナーにも行きましたが、気分はアガるもののしきいが高すぎるというか、冷静に考えたら凡人の私には現実的に感じられませんでした。
でも今日は本当に身近なところからお話ししてくださり、また男性の意見は感情的にならず的確なので、すぐにお世話になろうと素直になれました」

Aさん(女性)
「外見だけでなく内面を変えていくこと、男性と女性の見方の違いを知ることができて、すごく驚きと発見の連続でした」

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP