婚活パーティーはプロフィールカードで差がつく!モテる書き方女性編

91ade5e14bad98da5ea57dd47ece2b79_m

婚活パーティーでのプロフィールカードは、短時間で自己PRできるツールです。しかし内容より会話中の印象でカップルは決まります。
とはいえ真剣に書くのはムダでもありません。今回は『イイな』と思える男性の印象に残る、女性のプロフィールの書き方についてお伝えします。これでフリータイムに男性がたくさんやって来ますよ。
ここでお伝えするのは私とクライアントたちが、いまでも試行錯誤しながらカップリング率を80%以上に高め続けている方法です。プロフィールカードの役割は?よくある書き方が本当に好印象?ひとつずつチェックしています。
ココだけ押さえておけば『フリータイムは楽しめる』『マッチングで選択肢がある』となるようにしてあります。試してみてください。

プロフィールは何のために作るの?

婚活パーティーのゴールは、もちろんカップリングです。でもプロフィールカードだけでカップリングするのが難しいことは、あなたもなんとなくわかると思います。
面白おかしく盛り上がるのもいいでしょう。でもこの段階で大切なのは、フリータイムでより多くの男性にアプローチしてもらうことです。そしてその中に、『イイな』と思える男性が入っているとなおイイですね。まずそこを目指して準備しましょう。
プロフィールカードの役割としてよく言われているのは、「自己PRのため」「会話をスムーズにするため」です。たしかにそうですが、その役割は1割程度です。
男性は短時間でそんなに細かく見れません。また自分をよく魅せることで精一杯です。
自己紹介タイムの男性の関心は、『自分が好かれているかどうか?』だけです。そのためにあなたに関心があるように、がんばって振る舞っています。残念に思えますが、振り返ると正直お互いさまなところはありませんか?
ですから自己PRしても頭に入らないし、会話がスムーズでも上っつらで終わっているなら彼らは動きません。

プロフィールカードの本当の役割はコレ1つだけ!

婚活パーティーは、とにかく時間が短いです。プロフィールカードは「短時間でなにを強くイメージさせるか?」だけのためにあります。
会話は、他の女性とどんどん話して時間が経つにつれて忘れ去られます。でも強いイメージは他の女性と話していても、時間の経過に関係なく残り続けます。
男性が女性に与えられて強く残るイメージは、根本的には『愛情豊かな女性』と感じることです。でも子供を愛情深く育てているイメージは遠すぎます。結婚式もまだ遠いです。
そんなビジョンも薄っすらありつつ・・・いまは、デートを重ねていく中で、お互いに好きになったら愛情表現ができる女性かどうか?がぴったりです。つまり交際中の楽しいイメージが大切となります。
結婚が目的で婚活できる女性と違って、男性は好きにならないと結婚を考えられません。また婚活でも恋愛ができると考えれば、女性にとっても嬉しいことではないでしょうか?私の婚活して結婚されたクライアントたちも、きちんと恋愛を経ています。
プロフィールの役割は、自己PRや会話をスムーズにさせることもあります。でもそれよりも、デートで愛情を表現し合えるイメージを強く持ってもらうことです。
これさえ押さえておけば、自己PRが下手でも会話が苦手でも男性はフリータイムで戻ってきます。

婚活パーティーでプロフィールカードを書く前に大切な3つのこと

プロフィールを書く前に、大切なことがあります。これができていないと、これから作るカードに効果がなくなってしまいますので、どれも当たり前のことですが、確認しておきましょう。

1.第一印象を整える

プロフィールにも大きな効果があるとはいえ、男性は見た目で自分のストライクゾーンに入っていなければ、動くことができません。プロフィールカードの作り込みの前に、第一印象を整えましょう。「婚活パーティーは服装が7割!男性目線からの女性のモテ服3ポイント」を参考にしてください。

2.書くことを決めておく

婚活パーティーによって、プロフィールカードは違います。でも記入する項目に大きな差はありません。つまり準備しておくことができます。1回の参加で結婚相手に出会えることはまずありません。行き当たりばったりで毎回その場で考えていると、更に結果は出ません。婚活疲れの原因にもなりますので、あらかじめ項目をチェックして、書くことを決めておきましょう。

 

代表的なプロフィールカードを紹介しておきますので、項目だけ参考にしておいてください。

3.当日は早めに会場入りする

予約の時に、プロフィールを入力できる婚活パーティーも増えてきました。しかし未だ当日に手書きでプロフィールカードを作成することの方が多いです。丁寧に書くと時間もかかります。当日は早めに会場入りしましょう。

婚活パーティーのプロフィールづくり5つの基礎

1.100%男性目線

最終的な目標はもちろん、安心して心開けるパートナーとの結婚です。そのためには、あなたの結婚の条件を受け入れてもらう必要もあります。しかし、初対面で男性から「親と同居希望で」と言われたら、カチンときませんか?関係性ができていない時に結婚の条件を言ったら、「要求」に聞こえてしまうからです。
プロフィールカードや婚活パーティーの時点では結婚の条件よりも、聞く耳を持ってもらうことをゴールにしましょう。そこで大切なのが、100%男性目線で作ることです。男性があなたに対して行動を起こしやすいメッセージを伝えることに集中しましょう。

ポイント:先に100%男性目線だと、あとでご褒美が♪

※男性心理について詳しく知りたい場合は、こちらも参考にしてください。

2.男性に考えさせない

字が汚い、薄い、小さくて読めないなど・・・そうなると男性はあなたとの関係づくりよりも、情報の解読に多くの時間を費やしてしまいます。そして『面倒くさそうな女性だな』となります。自己PRの時間は短くを意識しましょう。
会場によっては照明を落とした演出のところもあります。「丁寧に、簡潔に、大きな文字で書く」という基本的なところをいま一度確認しておきましょう。

ポイント:①丁寧に書く ②簡潔に書く ③大きな文字で書こう

3.コミュニケーションに前向きな姿勢を見せる

みんながプロフィールカードを埋めている中で空欄が目立つと、『隠し事をしている』『やる気がない』と映ります。しっかりと埋めてあってこそ、出会いのスタートラインに立てます。それが結果的に結婚を真剣に考えている姿勢として映るので、男性の態度も誠実になります。

ポイント:すべての欄を書き込もう

4.いっときのウケ狙いは逆効果

「色付きのペンで違いを出しましょう」「イラストで『これなんですか?』『かわいいですね』と会話のネタを提供しましょう」そんなアイデアがあります。私たちの実践結果では、その場のノリは生み出せても、マッチングには関係ありませんでした。
唯一効果があったのは、交際中のイメージを連想させる補足的なイラストです。一緒に行きたい場所ややりたいことなど。色使いや絵が苦手でやりたくなければ、ムリに書かない方が良いでしょう。

ポイント:色付きのペンやイラストは、イメージの補足をしたい時だけでOK

5.媚び・盛り・言い訳は不要

慣れていないと、自信のなさや謙そんの姿勢をとりがちです。「はじめてなので」「まだまだですが」「すみませんが」など。媚び・盛り・言い訳に聞こえてしまう言葉を選んでしまう時があります。でも基本的に、参加者全員がそんな気持ちです。それを踏まえて大らかな気持ちでコミュニケーションを受け入れる姿勢さえあれば、あなたの不安も汲み取ってもらえるでしょう。

ポイント:不慣れを書くより協力して楽しい場を演出する努力を。

婚活パーティーのプロフィールづくり

ここまでをおさえておけば、あとはあなたの思い描く理想の男性像1人に向かって、プロフィールカードを書いていくだけです。1人に向かって書くと、メッセージに一貫性があり信頼度が高くなります。万人ウケを狙うと可もなく不可もない、周りの女性とどこが違うのかがわからない女性になってしまいます。
また1人に向かって書いてもいろんな男性の心に響きますから、メッセージは絞り込んで書いて大丈夫です。それでは1人の男性を思い浮かべて、プロフィールを準備していきましょう。

基本情報はそのまま書きましょう

氏名、年齢、住所、同居or一人暮らし、学歴、婚歴(子供の有無)、お酒、たばこなどの基本情報は、あとでいずれわかることです。そのまま書きましょう。不利だと思ったら、参加する婚活パーティーのコンセプトを変えましょう。同居やお酒やたばこなどが気になるなら、生活を見直していきましょう。

フリー記入欄で、一瞬で将来のイメージをしてもらおう

職業、趣味、特技、休日の過ごし方、好みのタイプ、好きなこと・苦手なことなどのフリー記入欄で、フリータイムで男性たちが戻ってくるかどうかが決まります。項目や欄の大きさにもよりますが、ポイントは3つあります。

①「結論+補足」のパターンで書く
②です・ます調で書く
③1つの欄に1つの答え。多くても2つまで

できるだけここまで書くことを意識してみてください。
私のクライアントたちの実例と添削を基に、例を見ていきましょう。

1.「職業」の欄

見た目通りか、ギャップに驚くのか?仕事熱心なのかプライベート重視なのか?などが伝わる場所です。仕事に関わる姿勢をイメージしやすくします。そこから『フットワークが軽そう』『落ち着いていそう』『美にこだわりがありそう』など、選択している職業からなんとなくの性格のイメージが浮かびます。
理想の男性にどう見られたいのかで、工夫していきます。

 

NG例:仕事をしている姿がイメージで出てこない
会社員、公務員、事務、医療関係、製造業、接客販売

GOODな例:働いている姿をイメージしやすい
「電機メーカーで営業事務をしています。」
「公務員です。中学校で音楽の教員をしています。」
「ファッション関係で接客販売をしています。」

2.「趣味」と「特技」の欄

ここで悩まれる女性がかなり多いです。『本当は海外旅行が趣味だけど、お金がかかると思われたくない』『料理と書きたいけれど、そこまで自信がない』など。そんな時は、『自分がどう見られるか?』よりも『男性にどんなイメージをしてほしいのか?』を優先させましょう。そうすると男性の反応が変わるので、どう見られるかはそんなに気にならなくなってきます。

NG例①:謙そんが打算に見えてしまいます
特技:人並みに料理

GOODな例①:『初心者だけどがんばりたい』に見えます
趣味:最近、料理をはじめました

NG例②:正直なのは良いのですが男性が描く新妻像としてOK?
趣味:海外旅行(特にヨーロッパ)

GOODな例②:同じことを視点を変えて言います
趣味:一人旅です。一緒に楽しめる方がいると嬉しいです。

3.「休日の過ごし方」の欄

一番、生活感が出るところです。恋人そして夫婦になった時、充実させたい時間になります。理想の彼が仕事中心か家庭中心かで、表現方法は変わってくるので、いろいろ工夫してみましょう。

NG例①:生活感の出し方が味気なく内向的な面が強く出ています
「午前中は休養と家事、午後は買い出し」

GOODな例①:内容を詳しくするだけで、男性の入るスキが生まれます
「午前中は家事を済ませて読書、午後はご飯と買い物がてら散歩に行きます」

NG例②:自分の時間が最優先というイメージになっています
「週1回のジム通いは外せません」

GOODな例②:健康的なイメージになります
「週1回、ジムでリフレッシュしています」

4.「好みのタイプ」の欄

結婚相手となると気合が入りすぎて、「憧れの像」と「いままで付き合えた男性」との間に、大きな差が出来がちです。予防線を張るあまり、財力や仕事の能力に触れてしまうケースが続出しています。男性に財力を問うのは、女性がスリーサイズを問われるのと同じくらいデリケートなことです。婚活パーティーのプロフィールカードの役割は、交際中のイメージを強く持ってもらうこと。能力面はマッチングしてデートになった時、徐々に聴きましょう。

NG例:安定志向の行き過ぎや交際経験の少なさから、現実感のない希望を書いてしまいがちです
「西島秀俊さん♪」
「大卒で将来が安定している人」

GOODな例:性格的な面を表現すると『オレかも』と思われれば、あなたのためにがんばるイメージが浮かびます
「リーダーシップのある方です」
「仕事に誇りを持っている方です」
「ご家族と仲の良い方です」

5.「苦手なこと」「嫌いなこと」の欄

プロフィールカードによっては、「得意なこと」や「好きなこと」の並んで「苦手なこと」「嫌いなこと」の欄があります。そして「ムシ」や「カミナリ」などと、イラスト付きでやりがちです。年相応の女性のメッセージとして、またキャラクターに合っていればアリです。カワイらしさの演出のためなら、男性が違和感を覚える場合もあるかも知れません。空欄でOKなのは、唯一この欄です。

ムリに結婚に結び付けて自己PRしなくても大丈夫!

以上見てきたように、ちょっとした言葉づかいの違いで与えるイメージがガラッと変わってしまいます。まずプロフィールカードの前に、第一印象の準備と早めの会場入りが基本です。そして・・・

①カードの役割は、一瞬で交際中のイメージをさせること
②いまのゴールは、フリータイムで戻ってきてもらうこと
③そのために100%男性目線で簡潔に表現を

『そこまでして』と思うか『恋愛できそう』と思うかは、人それぞれです。婚活パーティーは他の婚活方法と比べて、お金・時間・体力のうち、時間と体力を使うやり方です。成婚率は2~3%と低いですが、使った分だけ結果はついてきています。3ヶ月で良いので、集中して取り組んでみてください。

プロフィールカードの準備が整ったら、いよいよ本番です。自己紹介タイムで活用していきましょう。詳しくは、「婚活パーティーの自己紹介で『また話したい女性』になる」を参考にしてください。

 

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP